Q5:産後の肌荒れがひどい、どんなスキンケアをしたらいい?

わたしの場合は妊娠中の肌は潤いたっぷりで乾燥などはほとんど無縁でした。元々脂漏性皮膚炎持ちなので、荒れやすい肌ではありますが驚くほど潤いたっぷりでした。

脂漏性皮膚炎のオススメサイトです。

一般的に妊娠中の肌はトラブルが多い

シミ・傷跡が残りやすい

妊娠することで多く分泌される女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の影響で、シミなどを作りやすくするメラニン色素を生成すためのメラノサイトを刺激してしまい、妊娠期はケガなども含めて後が残りやすくなってしまいます。極力紫外線を浴びたり、擦り傷や切り傷をしなように気をつけよう!

このメラニン色素自体が体にとどまってしまい、体のいたることが黒ずんでしまったりします。妊娠中にとくに目立ってくるおへその下あたりにある「正中線」はこの影響でより目立つようになります。これは防ぎようがないので諦めてすごすしかないようです。

できものや湿疹が増える

妊娠前よりもホルモンの影響で汗の量が増えて、普段なら汗をあまりかかない人もよくかくようになります。そのため、汗腺が詰まってニキビがでてしまったり謎の湿疹ができる可能性があります。そのため、汗をかいたらタオルで吹くなど清潔にしましょう。

産後の肌

肌荒れが急増の原因はホルモンバランスの崩れ

産後は乾燥やハリがなくなったり、シミが増えたりと一気に肌ダメージと老化が進んでしまいます。これには女性ホルモンが大量に分泌されていたが突然に減り、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

睡眠不足とストレスも重なる

さらに、追い打ちをかけるように授乳や夜泣きによる睡眠不足やストレスなど産後の肌、体全体がお疲れモードになってしまいます。出産から数ヶ月で元に戻るのでしばらくは仕方ないと諦めて、育児に全力投球するしかないかもしれません。

産後の肌にオススメのスキンケアと食事

シンプルケアだけど保湿をしっかり

肌がダメージにとても弱くなっているので紫外線をしっかりカットできるように日焼け止めをしっかり塗り、化粧水と乳液(脂漏性皮膚炎持ちなので私はジェル乳液などオイルフリーのものを使用)のみでシンプルなケアをしましょう。もしくは最近よくあるオールインワンジェルなどもオススメです。赤ちゃんの入浴をママちゃん一人でしなくてはならないときは自分の肌のお手入れをする時間もないと思うので、ササッとつけれることができます。

ピーリングや過剰なケアは厳禁

過剰に美容液をたっぷりつけたり、ピーリングをすると弱っているバリアには刺激になってしまい余計にダメージを受けてしまう可能性もありますので、慌てて色々とつけないようにしましょう!

ビタミンたっぷりの食事

肌は食べ物から作られるので野菜や果物をたっぷりと取りましょう。母乳をあげているお母さんは特に栄養が必要です。たくさん炭水化物を取ると太ってしまうので、母乳分の栄養はタンパク質やビタミンなどで取るのがオススメです。授乳中は太りにくいですが食習慣は断乳や卒乳後からいきなりかえるのは難しいので、太りやすい、おなかにたまりやすい炭水化物は普段通りに食べるといいと思います。

疑問解決・ベビー服グッズ情報・育児ブログ