カテゴリー別アーカイブ: 育児日記

毎日の子育てで起こった事を記録していきます。

新しく個人事業主のママデザイナーブログを開設しました!

わたしは、男の子3人の母として日々育児をしていますが、子どもが寝た後は仕事をしています。
仕事関係のこともこのブログに書こうと思いましたが、しっかり分類して書く為に新しくブログを開設しました。

○MAMA DESIGNER BLOG:ママデザイナーブログ
https://designer.kosodate-baby.com/

個人事業主として仕事をすると、青色申告として確定申告する方法や、請求書の送り方などなど自分ですべてを行わなくてはいけないため、色々な知識が必要になります。そのあたりをまとめて書いていますので、ぜひどうぞ!

1才11ヶ月イヤイヤ期!なんでもイヤイヤでストレス溜まる!

もうすこしで2才になる三男。
長男、次男とは違い、食卓テーブルに上がるわ、チャイルドロックを解除するわ、キッチンカウンターに上るわで、毎回驚くことばかりをする活発な性格です。

そんな三男、1才10ヶ月頃から、イヤイヤ言い始めました。言葉をどんどん覚えてきたこともあり、散歩が終わって家に入る時はイヤイヤいって道路で寝転んでいやがります。無理矢理抱きかかえてどうにか玄関へ。玄関の中でもイヤイヤイヤイヤ。まーこんなもんかと放っておくと、いつまでも泣く!!!!強い!!!!

そこで、抱っこして大丈夫だよ、大丈夫だよと愛情たっぷりで3分ほど経つと、ピタッと泣き止みます。このピタッとなるまでの間はすごい暴れて抵抗するので、頭をぶつけたりしないようにこっちも必死!!!たまに、泣き止まない時は諦めて、布団の上で様子を見る。自分の心を守るためです。

でも、この間に気持ちの整理をしているように思います。うちは長男、次男がそれほどイヤイヤ期がひどくなかったので、比較的楽でしたが、もし三男のパワーが長男にあったらと思うと恐ろしいです。三人になるとある程度諦めているので、我慢できます。もし、始めての子育ての方、きっと苦しくて大変ですよね。。。気持ちよくわかります。
夫に話しても、大変なんだねという程度で本当にわかってるの?と疑問に思いますが、そこは男と女の違い。完全な理解は難しいので諦めて、そのうち収まる。とりあえず、あまり考えすぎずに耐えよう!耐えきれない場合は、我慢しないで、育児相談などおすすめします。理性を失うほどイライラする時もありますので、我が子を危険な目に遭わせないように。みんな同じです。本当に耐えられないストレスがかかりますから。

まー、そんなことで、がんばりすぎない。無理しない育児をしましょう!

実感したテレビの悪影響

うちは幼稚園年中の5才と2才の男の子がいるのですが、うちのテレビを見る時間は朝の30分と、夕方の1時間に決まっている。朝の30分は用意が遅いとこの時間が取れないので見ない日もある。夕方は息子2人がそれぞれ見たいテレビを17時から18時までの間に見る事にしています。だいたいは録画してあるものを見るので、ポケモン、妖怪ウォッチ、ベイブレード、おさるのジョージ、仮面ライダービルド、キュウレンジャー、ウルトラマンジード、えいごであそぼ、しまじろうあたりを見ています。

本当はテレビ自体を見なくてもいいんじゃないかと思うほど、テレビを付けている時間が無意味に感じます。テレビを付けないと工作、絵の具、レゴ、ニューブロック、ピタゴラス、ベイ、パズルなどを自分で出しては遊んでいます。こっちの方がとても楽しそうですし、自由な発想でおもちゃを組み合わせて遊んだりしています。

テレビはこういう意味のある考える時間をすべて奪ってしまい、テレビの前でただ見るという時間になってしまいます。それはそれで何か吸収しているとは思いますが、テレビにコントロールされている思考はとても面白くないと思います。これからもテレビ時間を守りつつ、自分で見つける考える遊びを大切にしていきたいと思います。

2才、5才虫歯発見!原因と治療

うちの長男5才は歯の隙間がほどよく空いており、虫歯になりにくいと思っていましたが、私なりにしっかり歯磨きしたつもりでした。先日ラーメンを食べに行った時、歯にもやしが挟まったというので口の中をみたら、下の右奥歯2つめに黒いものが。。。。よーく見てみると黒い点の周りの歯が少し溶けてなくなっていました。

ついにきてしまった。。。。。。。

かなりショックを受けつつも、奥歯の隙間は盲点だった。しっかり磨いていたけれど糸ようじはたまにしか使っていなかったので、きっとそのせいだ。息子もすごいショックを受けて、めそめそしている。虫歯菌が入ってしまうとこれから長い人生。虫歯ができないように戦い続けなければならない。。。。

早速翌日、2人揃って歯医者さんを受診しました。上のこは虫歯治療とフッ素、下のこはフッ素と思って行ったのですが、なんと下の子の上の前歯に虫歯発見!!!元々、歯と歯の間が詰まっていて食べ物も挟まりやすかったので、糸ようじをマメにしていましたが、それでも足りなかったようでした。。毎日しなくてはいけなかった。。。これは私が大反省。子どもの虫歯は親の責任だな。子どもには寝る前にアイス食べるからだよとか言ったものの、しっかりと歯磨きはしていました。

下のこはまだ2才なので虫歯治療はできないため、これから進行しないように念入りに歯を磨く事。上のこはまずは白い詰め物で応急処置して、これから歯医者通いして治療を進めます。比較的軽いものだったので軽く削って白い詰め物固いバージョンをするようです。

歯磨きのポイントと虫歯にならない磨き方

歯科衛生士さんにしっかりと歯を磨くポイントを聞きました。まずは明るい場所で仕上げ磨きをすること。右手で歯ブラシを持って左手は自由に動かせるようにして口の周りを広げたり、よく見えるように使う事!歯の間は食べカスが残りやすいので、糸ようじ(本当はクロス?糸のみが良いそうです。)を毎日することです。

子ども自身にもきちんとした磨き方を教えるのはタイセツですが、親がしっかり仕上げ磨きできていれば虫歯にはならないはず。今日からしっかり始めようと思います。

5才幼稚園年中:反抗期怒る泣く

比較的おとなしく、恥ずかしがりな長男5才。1才半くらいから恥ずかしがりの性格で児童会館に行っても慣れるまで時間がかかり、20分くらい動かないで固まって周りの様子を確認してから動き出すほどだった。2才のイヤイヤ期もそれなりに反抗をしたものの、周りの子達と比べると育てやすかったように思う。

でも、5才の年中の夏頃からとても反抗的な態度、そして言葉を言うようになってきた。幼稚園の友達の影響なのか、「おまえ」「うるせー」「上目使いでにらむ」など、すごい反抗的な態度をとる!おもちゃ片付けなよーといっても、「今遊んでる!コントロールしないで!」と怒るようになってきた。きちんと理由をいっても伝わらず、

私が言う→息子怒る→私が怒る→息子泣く

の悪のスパイラル。。。。落ち着いている時に話すととても物わかりが良く、ままごめんね。次は気をつけるよと反省するものの、実際に、お風呂はいるよー片付けしよーなど何か動いてほしいときに言うと全然言う事を聞いてくれない。

そして、さらに悪のスパイラル。この5才の息子の言う事を聞いて育つ次男2才。言葉を覚える時期にお兄ちゃんが反抗的な言葉を使うので、どんどん悪い言葉を吸収してしまう。本当に悪循環だ!

どうにかしようと、怒らない育児など本やテレビ、ママ友などに情報収集してみたけど一向に直る気配がない。私に余裕があるときは、「そうだったんだね、まだ遊びたかったんだね。じゃあままと一緒に片付けようね」などと歩み寄る形にすると結構話しを聞いてくれる。

結果!!!!!

大事なのはここなんだろうな。年中とはいえど、もう自分なりの理屈を持って生きてるのでやりたいことを邪魔されたり、片付けろと言われるのは絶対に面白くない!そして、私も旦那も頑固ものだ。この遺伝子をもっているんだからそんなカンタンに行く訳がない!そう思って、自分で息子を理解する姿勢を取るように心掛けている。あとは私が余裕をもって接することができるように、心にゆとりを持つ事かな〜

2才、5才兄弟の下の子のプレゼント

2才と5才の男兄弟がいるのですが、基本的に2才の下の子は上のお兄ちゃんのマネばかりしています。遊ぶ事も、見るテレビも何が見たい?と聞くと、ジード、仮面ライダーなど本当は上の子のときを思い出すと、おかあさんといっしょ、しまじろうなどを見ていた年齢なはずなのに、お兄ちゃんが全てという社会で生きているような気がします。

誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、何がほしいと聞くと「ベイ」「ジードライザー」「仮面ライダーのベルト」。上のこが2才の時には発しなかった言葉がたくさんでてくる。2才の誕生日の時に、動物が好きだったので、アニアの恐竜、動物何匹かと「アニアビックマウンテン」というものを買ってあげたけど、あまり触らないまま放置されている。そして、祖父母にもおもちゃを買ってもらえるとのことで、何がほしいというと「ウルトラマンの怪獣」というので1000円くらいのものと、「トミカの工場」を購入したけど、これもあまり触らず。。。。

結果的に、2才のクリスマスとは「仮面ライダービルドのベルト」にすることにしました。本当は知育系のおもちゃとかお絵描きとかにしたいんだけど、買っても使わないなら意味ないので。

4才4ヶ月、1才5ヶ月の兄弟は真似ばかり

次男が最近、長男の真似ばかりするようになりました。お兄ちゃんってかっこいいと顔に書いてあるようにマネばっかりです。長男は戦隊ものにはまり仮面ライダー、ジュウオウジャー、ウルトラマンとドハマりですが、次男も全く同じ。歌が流れるだけで鉄砲バンバンしたり、ポーズをとったりと完全にその気です笑

真似して仲良くしているときはいいんですが、ブロックを長男がしているときに下の子が取ろうとしたりしてケンカが始まります。。これがまた結構すごいケンカ。上の子がいってることは、ごもっともで悪いのは下の子。親がどう言えば良いのかなかなか難しい状況が多いです。できる限り上の子の気持ちを考えてあげたいですが、下はまだ言っていること全てを理解しているわけではないので、うまく仲裁できないです。

そこで、最近解決方法を生み出しました!どちらにも叱らないこと!それぞれ自分のいい分があり行動しているので、まず認める!もちろん下の子はよくわかってないことも多いので、気持ちを言葉にして一緒に理解してあげる。上の子はかなり頭が良い方なのでしっかり話を聞いて受け止めてあげることにしました。そうすると2人とも落ち着くのが早くなった気がしますし、私自身の心も落ち着き易くなります。怒る親には怒る子どもになると思うのでしっかり話のできる子どもに導いてあげたいです。

4才の長男と1才の次男の関係

上の兄は結構落ち着いていて自分でお絵描きをしたりゆっくりした時間を楽しむこと、外で走り回って遊ぶことも両方が大好きな子でした。下の子が生まれてからも甘えん坊でさみしがることもありますが、精神的には落ち着いていました。

ところが下のこがつかまり立ちを始めたころから、自分のおもちゃを舐めたり、壊したりするようになり自分のテリトリーが破壊されることですごいイライラし始めました。私もそれを守るために下の子を抱っこしたりして上の子が遊べるようにしていましたが、それも時間限定。一日中は見ていられなくなります。。。かといって上のこと下の子の場所を別に作ってみましたが、結局上のこも下のこを自分の場所に入れたりして結局意味がなくなってしまい、基に戻りました。

結局、いまの現状は上の子しか届かない高い机を与えることで、ゆっくり本を読んだり絵を描けるようにしたところ落ち着きを取り戻したように思います。

子ども自身は完全に別にいたいわけではなく一緒にいることの幸せや楽しさもわかっているので今の形がとてもよいバランスになりました。もちろん、それでも上の子のおもちゃを投げる事もありケンカの毎日ですが、そうやって我慢することや譲るなど覚えていってほしいなと思います。

2才10か月みんなと一緒に踊らない

児童会館などで同じくらいの子たちと一緒に体操や踊りをしない!

普段は活発な息子は、なぜか体操の時間になると私にべったりになります。膝の上に座って全く動こうとしません。はじめの方はじーっとみんなを見ながら固まっていたのですが、「どうしたの?踊らないの?」と聞いても黙り込んでいましたが、最近は「恥ずかしいの」というようになりました。みんなの前で踊る事に抵抗があるようでした。

家では激しく踊ったり、走り回ったりする子ですがテレビでおかさんと一緒などをみても、少しまねする程度な感じではありました。「みんなで」というのか苦手なようです。

気長に待ってあげよう!

わたしも昔はとても恥ずかしがりやで、みんなの前でというのが苦手でした。大きくなるにつれ慣れてくるだろうなと思いながら見守ってあげたいと思います。

とは言うものの、黙っている息子を見ていると踊ると楽しいよーとやらせようとしてしまうのが親ってもんです。そんなときはこの記事を自分で思い出して、じっと待ってあげたいとおもいます。そんなとき、児童会館からの帰りの車で、みんなで踊っていたアンパンマンを歌っていました。本人なりに恥ずかしさもありながらも、楽しんで(楽しみたかった?)いたようです。

2才10か月友達からものを取ってしまう!

ただいま息子は2才10か月、とてもよく話すし遊ぶ事が大好きでかわいい盛りですが、同じくらいの子と過ごすととても強敵になります。

平気で友達が遊んでいるおもちゃを取ってしまうし、自分のものだと言い張ります。それが結構困ったちゃんで、謝ったりすることは普段大人に対してなら結構うまくできるのですが相手が子どもだと頑固としていいません。気長に伝えるしかないのかなーと思いながら、怒らず言い聞かせ続けたいと思ってます。

まー私もかなり頑固だし、旦那さんも頑固なので仕方ないじゃないですか笑